最新関連情報

最近では出会い系サイトといっても実に様々なジャンルのサイトがあり、女性の目的もそれぞれに異なってきます。いくらジャンル分けがされているからといっても、女性が希望する付き合いはそれぞれ…続きを読む
セフレサイトの利用方法は女性によっても大きく異なってきます。当然既婚女性であればできるだけ自分のプライバシーは隠しておきたいので一度きりの付き合いを望む女性が多くなってしまいま…続きを読む
初めて出会い系サイトなど利用される場合、サイトの中でも数多くのジャンルがあるのでどこに登録して利用したらいいのか迷ってしまう場合も多いと思います。基本的には男性の目的は知性と知り合…続きを読む
出会い系サイト等で数多くの女性と知り合っている男性は、ほかの男性と何が違うのでしょうか ?特別その人が見た目がいいとか、女性の扱いがうまいとかそんなことを差し引いても基本的にはすべての男性にチャンスは…続きを読む

SEXができるサイト人気ランキング










セフレサイトの特徴

セフレサイトと聞くと何か特別のサイトのように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、出会い系サイトのうちの一つのジャンルととらえて問題ありません。
ただこのサイトでは基本的には割り切ったセックスのみの付き合いを目的とする男女が利用するサイトですので、一般的な恋愛相手を探すようなサイトとは基本的に異なります、その点は最初から知っておいた方がいいでしょう。
最近では出会い系サイトも一つのサイトの中にたくさんのジャンルがあり、そんなジャンルとしてセフレサイトがある場合と、セフレのみに特化したサイトも多くありますのでサイト探しは簡単だと思います。
そんなセフレサイトの特徴というのは、やはり出会いまでのスピードにあります。
女性も書き込みをしてすぐに相手を見つけたい場合が多いので、極端にいうとその日のセックス相手を求めている場合も多いと思ってもいいです。
サイトの匿名性を利用して自分のプライバシーを明かすことなくセックス相手が見つかるという、男女互いにとって使いやすくメリットのあるサイトですので利用者の数もかなり多いのも特徴です。
初めての方は一度掲示板の女性の書き込みなどを見ればそのサイトの特徴をつかむことができるでしょう。

セフレサイトのマナー

一般の出会い系サイトでも同じですか、出会い系サイトでは最低限男性が守るべきマナーも存在します。
特に割り切ったセックスを求めて女性が登録しているセフレサイトでは特に女性に対する気遣いは必要になってきます。
ほとんどの女性はその場限りのセックスを求めている場合が多いので、そんな女性に対して相手のプライバシーに関わるようなことを相手に聞くのはルール違反ですし、自分の個人情報を明かすことなく利用できるからこそセフレサイトを利用していますからその点は最初からしっかりと知っておく必要があります。
もちろんセフレサイトで知り合って結果的に長い付き合いなってしまう場合は、お互いの意思で付き合っているわけですから当然個人的なことも話すのは当然です。
セフレサイトの基本は匿名性ですので、アプローチの際のメールのやり取りにしても相手のプライバシーに立ち入るような質問をする男性は当然敬遠されてしまいます。
相手に対する気遣いを忘れないようにしながらも、必ず相手とは一線を引いた付き合いをするのがセフレサイトでのマナーですので、そんなマナーを守れる男性が女性に対して好印象を与えることができます。
そんな簡単なルールですが、ちゃんとそれを守れる男性にとってはセフレサイトでの相手探しは決して難しいものではないでしょう。

対抗心を利用して

ライバル心や、対抗心という物は往々にして人を熱くさせやすいものだが特に女性は感情的になりやすいので簡単に利用できる。
学生時代、部活の中で女の子二人組がかなり犬猿の仲というかちょっとばかしライバル心が強いのだ。
そして、その中でも巨乳な方の女の子の方が部活の中でも男子から人気なので、そのことに大してもう一人の女の子の方が気に食わないみたいな感じだったようだ。
そこで、突然もう一人の女の子の方があんな女よりも私の方がセクシーで魅力があるんだから、と部活中に男子にちょっとエッチなアピールをしてきたんだけど。
そこで、悪ノリした男子がそんなんじゃあの子には勝てないみたいなことを言ってやると更にムキになっていって、裸になったので。
今度は、どうせならセックスして満足させないとやっぱり人気でないかもって言ったら殆どヤケクソで男3人のチンポを一人でぢゅぽぢゅぽし始めたんだから笑ってしまった。
そこまでして男子人気がほしいか、というかあのもう一人の巨乳女子に勝ちたいのかと思うと滑稽に見えてしまった。
まあ、こっちはただヤリできればそれでいいわけだからその後で人気出るよーなんて言いながら普通に皆でヤリ放題ヤリまくるだけだったけど。

体位

別に私が強い女なわけではないんです。
「僕を好きにしてくれたら嬉しいよ」と彼がいったんです。
付き合い始めて、初めてのキスのときに彼は私にそういいました。
キスしながら「したい」と私がいうと、彼は自分のテクニックに
自信がないから、私に好きに体を使って・・・と耳元でいいました。
はじめは彼をベッドにねかせて私が上にのって動き、自分でイって
いましたが、毎回その体勢にも飽きてきてしまいました。
そして考えたのが、椅子に彼を縛ることでした。
はじめは彼も少し抵抗しましたが、痛いことはないよと私がいうと
「こういうのもいいかも」といいながら縛られている彼はいいました。
彼の足の間にはいり、フェラをしはじめると「うぅ・・」と低い声を
だして感じている彼。どんどん固くなっていくペニス。
すっと私は彼の上にまたがり、陰部に入れました。
少しずつ中に入れていくと彼の体もビクビクしてきました。
「気持ちいい?」「あぁ、きつくて吸い付くようだ」彼の肩につかまり
ながら、腰をくねらせておもいきりこすりつけると、「駄目だもう」と
彼がイキそうになり、私は腰を浮かせました。と同時に彼はいきました。
私もほぼ同時にいきましたが、この体位は最高でした。癖になりそう・・

唾液

彼との関係を終わりにしました。
彼はバイト先の店長で、私との関係は・・・お給料のほかにお小遣いとして
私に毎月お金を支払い、そしてセックスをするという関係でした。
でも、彼はとにかく唾液がすごいんです。
キスしたときには、ダラダラと垂れ流すような感じで、気持ちが悪いんです。でも、お金を結構もらっていたので我慢していました。
エッチもさほど上手でもないし、何が魅力かといえばやはりお金だけ
でした。彼は私の体を隅々まで舐めるのがすきなようでした。
そのおかげで、私の体はいつも唾液だらけでびっちょりでした。
そのにおいが気になってしまい、セックスが終わるとすぐに
シャワーを浴びて家にかえるんです。
「ねえ、あまりそんなに舐めてくれなくてもいいよ」
「だって気持ちいいだろ?だからしてやるよ。遠慮するな」
・・・遠慮ではなく実際かなりきつかったんですが、彼のその行動を
辞めさせることができませんでした。
オマンコは多分、お汁ではなくほとんどは彼の唾液でぐっしょり
だったような気がしています。
もういくらお金をもらっても、この唾液の量が我慢できなくなってしまい
別れたのですが、お小遣いが減った分しばらくは後悔もしました。
また誰かを見つければいいだけの話なんですが。

選択

マンションのエレベーターで、最近痴漢がでるといううわさがありました。
そして私の隣にすんでいる女性も痴漢されたと聞きました。
「気をつけていれば大丈夫かな・・・」考えれば考えるほど不安になり
まあ、階段を使ってもたかがしれていると思いその日は仕事を終え
階段で部屋まで登っていきました。
するとなんとなく嫌な雰囲気・・空気を感じて振り返ると・・
誰もいませんでした。早く行こう!駆け足で階段を登ったせいで
息切れをしてしまい踊り場で少し休憩。
すると急に前が暗くなったかと思ったら、口をふさがれてものすごい
力で押されました。
目を開けるとしらない男が私をみていました。
そして、無言のまま私の後ろにまわりスカートを一気に上げられました。
ひざで陰部をつよくこすられ、服は首まで上げられて胸があらわに・・
下着をずらして指がニュット入ってきました。
抵抗するたびに、奥まで指を入れられてしまいました。
そして後ろから、ペニスが入ってくると激しく彼は動いて私のスカートの
上に精子をだしたのです。
放心状態の私に向かって、「選択をまちがえたな」といいました。
彼はうわさの痴漢だとは思いましたが、まさか階段で待ち伏せしている
なんて思いもしませんでした。

船上の凌辱

密閉空間や閉鎖空間のような場所に、複数の人間を長期間閉じ込めたりしていると精神状態は本当にひどくなるんだ、ということをずいぶん前に思い知らされたことがある。
僕は釣りが趣味で、海釣り企画の漁船に乗せてもらうという機会があったのでそれに乗せてもらうことに。
ほかにも釣り目的の客はたくさんいて、その中には一人だけ活発そうな感じの女性がいました。
釣りを楽しんでいたのもつかの間、なんと船が海の上で動かなくなってしまったんです。
おまけに、無線も整備不良で壊れているらしく連絡のとりようがない状態で沖合で漂流状態になってしまった。
みんな最初は落ち着いていたのですが、日が経つにつれて不安になってきた中女性客が気丈に励ましてくれた。
しかし、延々海の上で助けを待つだけの時間というのは地獄のような苦しみだった。
その中でひときわ輝く女性、着替えをしたりするところが見えたりして男性客も限界だったみたいでその女性に襲いかかった。
誰もそれを止めることなく、それどころか自分も自分もとその女性を輪姦して性具のように犯してしまった、勿論その中には僕もいた。
結局、全員無事に救助されたのだがその女性は助けられる間延々犯され続けすっかり人が変わってしまった。

先生を調教して

漫画のような展開、というのは意外と現実にもチャンスが転がっていたりするもので、僕にもそんなチャンスがやってきたことがある。
僕の通っている高校で、特に人気な美人で若い女性の教師がいるんだけど、普段は真面目で優しく授業もわかりやすいと評判の先生だ。
僕みたいな、ちょっと人と話すのが苦手な人間にも優しくて密かに僕はその先生にあこがれていた。
だから、その先生が教頭先生のチンポをしゃぶっているのを偶然目撃した時はかなりショックだった。
しかし、僕はそれ以上にこれはチャンスだと思ってその場を撮影してから後日それを先生に突き付けた。
流石に先生もそれには青くなって、自分から何でもするからこのことは秘密にと持ちかけてきた。
その日から、僕の先生への調教セックスが始まったのだ。
放課後の空き教室でヤるセックスは勿論、時々授業中に抜けて来るように言ってからトイレでセックスをしたり。
保健室を無人にするように言って、そこで隣に病人が寝てたりするのにがっつりバックから音をわざと立ててヤリまくったりして先生はすっかりただの雌奴隷になり下がっていった。
今は、昼休みに屋上でセックスをすることを義務付けているんだけど運動場から見られるかもしれないというスリルがたまらない。

先生への入門条件

立場を使って無理やりセクハラを抵抗させないことって、社会問題にはなっているけどいまだに中々減らないもの。
特に、企業関係は決まりなんかがあったりして減っては来たけどやっぱり個人のところなんかは中々にそういうのが減らない。
私は、高校を卒業したのと同時に陶芸家に弟子入りして陶芸を習っているのですけど、
陶芸の先生は、凄く腕もよくて教え方も上手いのですがとってもエッチな性格で事あるごとに私にセクハラしてくるんです。
企業なんかじゃないから訴えるわけにもいかないし、破門になってしまったら今までの努力もパーになってしまうから我慢していた。
最初は、お尻を触ったり太ももをなでたりする程度だったんですけど、そのうちエスカレートしてきておっぱいを揉んできたり、スカートの中に手を入れてパンツごしにオマンコを撫でられたりされてしまった。
それから、暫くして先生から内弟子になる許しをもらったのですがその代わりに毎晩先生のセックスの相手をするように命じられました。
先生は独身で、もうお年を召されているのに凄く性欲が強くて毎晩私がイキすぎで失神するまで犯してくるんです。
しかも、避妊は禁止で生で必ず中出しをするからいつ妊娠してしまうか気が気でありません。

先生の応援の仕方

最近は、親が自分の子供を飾り付けてアイドルデビューなんかを狙ったりするような人が増えているけど。
一昔前にもそういうのはあって、私も親がちょっと親ばかな感じでオーディションだとかをよく受けさせられたりしていた。
幸い、私も人に見られたり目だったりするのが好きだったからそういうのは全然苦じゃなかったんだけど、
ちょっと有名になったりするのって、いいことだけじゃなくて悪いこともあるんです。
ちょっとDVDとかで水着のイメージDVDなんかも出すようになったころに、
私をよく放課後に担任の男の先生が呼び出すようになったんです。
凄く近い距離で面談みたいなことをしたり、凄く優しく授業とかで分からないことはないか?って心配してくれて、
お仕事を応援してくれるんだ、と思って嬉しくなって私も先生になつくようになってました。
でも、ある時先生が面談室で私にお仕事をどんなふうにしてるのか教えてくれって言って目の前で着替えるように言いました。
ちょっと迷ったけど、着替えようとしたらそのまま先生が指導室で私のことを机に押し倒して、いきなりおチンポをねじ込んできたんです。
処女だし、濡れてなかったしで痛くてたまらなかったけど怖くて誰にも相談できず卒業まで先生に毎日レイプされるようになってしまいました。

性欲に火をつける

どんな動物も、命の危険を感じると本能的に子孫を残そうとするという学説があるが、多分アレは本当のことだと思う。
私は、昔大学のサークル友達と登山に行ったことがあるんですけど、道を間違えてしまったみたいで山の中で遭難してしまった。
食糧とかは結構持ってきたから、とりあえず飢えることはないだろうと思っていたんですけど、季節が秋ごろだったのもあって夜になると凍えてしまうんじゃないかと思うくらい冷え込むのが辛かった。
最初のうちは仲間内で励ましあいながら助けを待っていたのですが、日にちが経つにつれてみんな気が立っていくのがわかりました。
その中でも、特にいつも優しいリーダーシップのある男性がイライラしていてある日突然それを爆発させて私たち女性に襲いかかってきたんです。
最初はほかの男性が止めようとしたんですが、そのリーダーにそそのかされてみんなやる気になっていたようです。
眼を血走らせながら服を無理やり脱がして、私含めた女性は男性に変わるがわるに何度も犯されて中出しされ、顔にかけられ散々でしたが。
それは女性にも適応されるのでしょうね、いつしか私たち女性もセックスを楽しんでいました。
結果的に私たちは救助されたのですが、あの時のことは皆で忘れようということになっています。

後ろから突然目隠し

夜の10時ぐらいに、家の近くを歩いていると、当然誰かに目隠しをされたのです。
そして、そのまま数人に抱え込まれて、車の中に押し込められたのです。

そして、20分後ぐらいに、車から降ろされました。
もっとも、目隠しをされた状態なので、一体誰がこんなことをしたのか、そしてここがどこなのかも、さっぱり分かりません。

その後、椅子のようなものに座らされて、手を縛られました。
そして、ズボンや服などを全て脱がされたのです。

その後、一斉に私の乳首であったり、チンポを舐めたりしてくるのです。
これはさすがに予想外でした。

お金を盗られるか、殴られたりすると思っていたので、まさかこんなエッチなことをされるなんて。
結局、1時間ぶっ通しで犯され続けて、最後はフェラで逝ってしまいました。

その後、私を放置して、どこかへ行ってしまいました。
私は、必死に自力で縄を解いて、目隠しを取りました。

私がいた場所は、使われていない、倉庫の中でした。
外へ出ると、あまり来ないところですが、一応知っている場所でした。

それにしても、私は誰に犯されたのか。
全く分からない状態だったので、もしかしたら男に犯されたのかもしれません。
でも、逆に女性に犯されたのであれば、むしろラッキーな気分です。

このページの先頭へ